本棚の住人の鉄道忘備録

個人的に気になった鉄道に関するテーマで書いているブログです。

オユ12はいつまで使われていたのか?実際に連結された編成はあるのか?

 


引用先 http://www16.plala.or.jp/goerlitz/pc_2.htm

 

オユ12はいつまで使われていたのか?実際に連結された編成はあるのか?

 

 

オユ12は10系の軽量客車の護送式郵便車。

 

 



引用先 http://www16.plala.or.jp/goerlitz/pc_2.htm

 

かつて東海道本線で運転されていた郵便・荷物列車にも連結されていたオユ12どんな車両だったのかというと、

 

護送式郵便車ということで車内で郵袋と呼ばれる郵便物が入った袋から郵便物を出さずにそのまま運ぶという車両になりますが、

 

 

 

護送式郵便車については戦前に作られた車両はありませんが、新規に作られたのは戦後になってからで一つ前がスハ43系のスユ43になりますし、

 

 

オユ12については10系の軽量客車の一員で、電気暖房を装備したスユ13もありましたが車体については一緒ですが、

 

その違いはというと前者が蒸気暖房で、後者が電気暖房になりますし、この二つの護送式郵便車については落成した当初は茶色でその後青に変わりました。

 

 

 

オユ12はkatoからも製品化されている。

 

 


引用先 https://expechizen.exblog.jp/11380213/


護送式の郵便車でもあるオユ12についてはkatoからも製品化されているということでも知られていますが、katoの製品については茶色と青の2色が用意されていますが、

 

晩年のオユ12については青でありましたが、一部の車両が茶色であったという話も残っていますから、

 

昭和50年代の初めに東海道本線で運転されていた郵便・荷物列車にも茶色のオユ12が連結されていたということになりますから、

 

katoの茶色のオユ12についても昨年販売された郵便・荷物列車 東海道仕様のセットと組み合わせてもおかしくないということになります。

 

それとオユ12については電気暖房を搭載した関係でトン数が重くなったスユ13もありますが、こちらについては先月、再生産となった郵便・荷物東北仕様のセットに入っていますが、

 

 

こちらも茶色の車両もありましたので、今後、katoさんから茶色や青のスユ13なども製品化してもらえたらと思っています。

 

 

オユ12が実際に連結された編成は?

 



引用先 http://www16.plala.or.jp/goerlitz/pc_2.htm

 


オユ12については昭和57年度ですべての車両が廃車なりましたが、電気暖房付きのスユ13については昭和59年度で廃車となりましたがこの二つの車両ですが外観が同じで、一番のちがいは暖房装置だけということになりますが、

 

実際にオユ12が連結された郵便・荷物列車については、jトレインVol.33の68~69ページに昭和53年から55年にかけて運転されていた郵便・荷物列車の編成記録がイラストで掲載されていますが、

 

こういう時ですが、過去に販売された雑誌などが役立つということになりますが特に列車編成が掲載されたものは資料としても十分使えます。


それで上記の郵便・荷物列車を記録したイラストの中にその中の一つに昭和55年の7月11日に三原駅で記録された荷42列車の編成にもオユ12が連結されていましたが、

 

この日記録された荷42列車の編成はというと、


下関側から順番に、マニ44×2、ワサフ8000、マニ50、ワキ8000×2、オユ12、スユ16、スニ40×2、マニ50となっていますが、このころはまだオユ12も東海道本線で運転されていた郵便・荷物列車にも連結されていましたが、


その後、オユ12を低屋根にしたスユ15が落成したことで徐々に運用から離れていきましたが、

 

東海道本線で昭和50年代の中ころに運転されていた郵便・荷物列車には欠かせない車輌であったということになります。